労務問題

残業代を請求された

残業代に未払いがあった場合、後に請求されると支払いを逃れることはできず、特に悪質性が高い場合には法律によりペナルティが課される場合があります。使用者には、労働者の労働時間を適切に管理する責務がありますので、日頃から労働状況をきちんと把握しておくことが大切です。ここでは、労働時間をどのように管理するべきか、また残業代が発生するケースについても解説します。

詳細はこちら

問題を起こしたスタッフを解雇したら不当解雇と言われてしまった

日本の法律では、労働者の権利が手厚く保護されており、簡単にスタッフを解雇できないような仕組みがとられています。また、問題を起こすようなスタッフである以上、退職時にトラブルが生じる可能性も高いでしょう。ここでは、退職にまつわるトラブルを事前に防ぐために必要な、退職勧告時の心得や穏便な手順について解説します。

詳細はこちら

スタッフの間でトラブルが起きている

いじめや私物の窃取、セクハラやパワハラなど信頼を置くスタッフ間でトラブルが起きているという事実は、経営者としては心苦しいものです。しかし、ここでの誤った対応はさらなるトラブルを招き、経営者が職場環境保持義務違反を問われる可能性もあります。スタッフ間でトラブルが発生した際に、経営者として取ってはいけない行動、そして取るべき対応について解説します。

詳細はこちら

スタッフが集団で退職してしまった

スタッフの集団退職は、医院の業務に支障をきたすだけでなく、少人数のスタッフで成り立つ組織においては死活問題となりますが、医療の現場はその特有の事情から、集団退職が起こりやすいと言われています。ここでは、医療機関において集団退職が起こりやすい理由とその予防策、また採用前から集団退職を誘発するスタッフを見抜く方法について解説します。

詳細はこちら

スタッフがSNSに医院や患者の情報を書き込んでいる

SNSによるトラブルは医療業界も例外ではありません。インターネット上に一度広まった情報は完全に消去することが難しく、医院の評判にも悪影響を与えます。また、スタッフがSNSへ書き込む動機も一つではないため、対策も容易ではありません。ここでは、SNSへの書き込みが行われるパターンとその予防策、また万が一書き込みが広まってしまった場合の対応について解説します。

詳細はこちら

トラブルを起こすスタッフを採用段階で見抜きたい

社会生活を営む上で他人と接する機会を避けては通れないでしょう。その中で、多くの人はコミュニティを尊重しようとしますが、周囲を巻き込んでコミュニティに反発する人物がいるのも事実です。しかし、実はこのような人物はトラブルを起こす前から「危険なサイン」を出していることが多く、採用段階からそれを見抜くチャンスがあります。それでは、「危険なサイン」とは一体どのようなものなのでしょうか。

詳細はこちら

解決事例

当事務所がこれまで解決してきた「労務問題」にまつわる事例をご紹介します。

 

医師の労務問題 解決事例

お困りの際は、お気軽にお問い合わせください

素早いご依頼が、迅速な解決に繋がります。

 

03-6447-4307

相談メールフォーム

【予約専用フリーダイヤル】0120-684-600

■青山事務所 東京都港区南青山1-4-17-7階  電話:03-6447-4307 FAX:03-6447-4308

■弁護士 田村勇人、弁護士 堀井亜生、弁護士 今井猛嘉、弁護士 長島功、弁護士 小島梓、弁護士 幡野真弥、弁護士 佐藤祐介、弁護士 沼里祐太(第一東京弁護士会所属)

E-Mail:info@fractal-law.com

Copyright© fractal law office.All Rights Reserved.