男女問題解決事例

事例1

医師である依頼者が、既婚者である女性と不貞行為に及んだ結果、不貞相手の夫が依頼者の医院に、乗り込んできて、数千万円の慰謝料を請求された事案。

結果

数十万円の慰謝料を支払うことで合意成立。

解決のポイント

不貞があり慰謝料を払うべき事案でありましたが、職場に乗り込んだ行為が犯罪であることを警告したところ、当方の提示する低額の慰謝料で良いと返答がありました。

依頼者の方は妻に発覚せず、穏便に解決したいということでしたが、その希望を叶えることができました。

事例2

結婚の約束をしたとされ、妊娠・出産をした不倫相手から、慰謝料訴訟を提起された事例で、当方は医師側を受任。

結果

請求されていた金額の半額で和解成立

解決のポイント

本件は、医師が既婚者であったものの、不倫相手との間に婚約が成立していたと主張されていました。

婚約の成否は争う余地があったものの、不倫相手が妊娠・出産までした事案で、仮に婚約が認められた場合、慰謝料は、高額となる可能性がありました。

裁判では、不倫女性から高額の慰謝料を請求されましたが、婚約を裏付ける事実を争うとともに、既婚者との婚約は法的保護に値しないこと等を主張して、最終的には、請求額の半額で解決に至りました。

事例3

患者として来院していた女性と交際、後に女性から妻との離婚を強く求められるようになったため、別れを切り出したところ、それに対して女性が激昂、本人では関係を清算することが困難となった事案。当事務所は医師である男性側を受任。

結果

解決金を支払い女性と関係を解消。通院先も男性の病院ではなく、他院へ。

解決のポイント

本件は、医師である男性が自分の患者と交際してしまったために、男性の気持ちが冷めてしまった後も関係が切れず、ずるずると交際が長引いてしまった事案です。女性は関係が続いていたために当然結婚を意識していましたが、やがて男性から別れ話をされるようになり、女性の態度が急変。一緒に死ぬことを求めたり、自宅に押しかけようとしたり、妻に危害を加えることをほのめかしたりするようになりました。そのため、男性としても自身では対応することが困難となり、当事務所に依頼しました。

まずは、女性を呼び当職らが話し合いをしました。男性の交際解消の意思を伝え、妻に危害を加えると言った言動は脅迫になることを指摘しました。そして、女性の話を聞く中で、男性にも責任がある部分を認め、解決金の提案をしたところ、女性は過去を清算し、前を向いて歩いていくことを決意、通院先を変えるとともに、男性と別れることに合意しました。

お困りの際は、お気軽にお問い合わせください

素早いご依頼が、迅速な解決に繋がります。

 

03-6447-4307

相談メールフォーム

【予約専用フリーダイヤル】0120-684-600

■青山事務所 東京都港区南青山1-4-17-7階  電話:03-6447-4307 FAX:03-6447-4308

■弁護士 田村勇人、弁護士 堀井亜生、弁護士 今井猛嘉、弁護士 長島功、弁護士 小島梓、弁護士 幡野真弥、弁護士 佐藤祐介、弁護士 沼里祐太(第一東京弁護士会所属)

E-Mail:info@fractal-law.com

Copyright© fractal law office.All Rights Reserved.